前回のカメラの教室で多かった質問、オススメのレンズは何ですか?について。
はっきり言ってこの質問にはちゃんとした正解が無い、というのが答え。撮る人によって好みの焦点距離は違うし、使っているカメラのメーカーも違う。色がバッチリ乗って、シャープな最新のレンズが好みの人もいれば、良い意味で色乗りが悪くて、フワッとした感じが好みの人もいる。一概のこのレンズがオススメですって物はない。いろんなレンズを試して、撮って撮って撮りまくって試行錯誤して欲しい。もちろん、経験や自分が所有しているレンズに関しては、試し撮りもさせてあげられるし、アドバイスも可能。実際に自分も何十年もこの問いについては迷走中…。

答えば出せないけど、自分のお気に入りレンズについて少し。
得意とする画角は28〜50mm。受託で撮影する時は別の話だけど、ライフワークにしているのがストリートスナップとポートレイトだから。28〜50mmと言っても最も沼が深い領域。その中でもお気に入りが28mmはGR、そしてLeicaのelmarit28、35mmはLeicaのsummicron、40mmはVOIGTLANDER NOKTON classic 40 f1.4 シングルコート、50mmは特に好きな画角でLeica summicron、それからDRsummicron。
並べてみるとsummicronには絶対の信頼を置いている。とにかくよく写る。そしてとにかく高額、値段相応。今現在購入を悩んでいるApo summicron35mmは100万円を超える。しかも納期未定。噂では年単位で購入できない…。
少し一般的じゃないのは40mmと言う画角。コシナが作っている現行品のレンズ。価格面、写り、デザイン、これがとても素晴らしい。企業努力に敬意を表するレベル。もしMマウントのカメラを使うなら一本は使ってもらいたいレンズ。最近レンズは大口径で肥満化して、デザインもいまいち。でもコシナの作るレンズは見た目も美しい。
結局、標準と言われる画角が好きで、軽くて寄れるレンズが好み。ちょっと脱線するけど、CanonのEF135 f2.0も大好きなレンズの一本。使い道はかなり限定されるが、お仕事ポートレートレンズとしてカメラバッグに入っていない日は無い。

だらだらと勝手に好きなレンズを並べてみたけど、色々と遠回りもして来た。その経験を活かしたアドバイスが出来ると思う。